PAGE TOP

スキンケアで美白OL

TOPPAGE > たとえ敏感肌だからといって、肌手入れ

たとえ敏感肌だからといって、肌手入れ

たとえ敏感肌だからといって、肌手入れに敏感肌用のケア商品を使用すれば良いという訳でもありません。

肌の状態には個人差がありますから、肌状態が敏感になっている場合には、ぜひ使う前にパッチテストを行ってちょうだい。

それから、肌の潤いを損なわないためにも出来るだけ正しい方法で顔を洗うことが重要です。


洗顔は1日に何回するのがベストなのかおわかりでしょうか。
朝1回、夜1回の計2回が正解です。

3回以上の洗顔は肌をダメにしてしまう原因になってしまいます。何回もすれば多い分元気になる訳ではなく、多くても2回に留めるというのがきれいな肌へと繋がっていくのです。

困ったことに、お肌にできでしまったシミは、それだけで見た目を老けさせてしまいます。そもそもシミとは何なのかというと、皮膚の細胞内で産生されたメラニン色素がその通り剥がれ落ちずに蓄積されたものなのです。

ターンオーバーの促進でシミの軽減が期待できるのですが、市販のピーリング剤によってお肌の古い角質を取り除くと、さらに効果がアップします。


ただし、過剰なピーリングを行うと、逆に、肌に多大な負担をかけてしまうので、注意しましょう。


ニキビがおでこの目たつ場所にできると、なんとしても前髪で隠そうと思ってしまいます。



しかし、そのようなことをするのはニキビをより悪化させてしまう行為なので、できるだけ前髪で隠すというようなことはせずに髪がニキビに触れることがないようにできるだけ刺激を与えないことが大切です。美肌(基本は何よりも洗顔でしょう)にいい成分として注目されているのが、「ポリフェノール」でしょう。

抗酸化作用が特質のひとつに挙げられます。

活性酸素の働きを抑えることで、シミ防止にもなりますし、紫外線のダメージを受けたお肌にできたシミを目立たなくしてくれます。



効果としては文句なしの強力な抗酸化作用を持ったポリフェノールなのですが、その効果は約4時間と短時間しかありません。ですから、美肌(基本は何よりも洗顔でしょう)のためにいいタイミングで摂取するのが御勧めです。肌のつやを保ちつつ、洗顔する事が、ニキビケアの必須条件。とり訳大人ニキビの場合は、主要因が乾燥だとされているため、洗顔のポイントは皮脂(皮膚の表面に分泌される脂です)を取り除きすぎないことです。その見込みがあるのが牛乳石鹸です。ミルクバター配合の牛乳石鹸、それは、肌に潤いキープで汚れを落とせるので、ニキビケアに効き目があります。
洗顔を終わらせた、その後の10秒間はスキンケアの大きなチャンスタイムだということを知っておきましょう。

お風呂やシャワーを使った後やきっちり洗顔を済ませた後の肌というのは、例えてみれば、水を幾らでも吸い込んでしまう砂漠です。

短いですがとても貴重なこの時間に何もしないでいるのはあまりにも惜しいことで、貴重な時間を無駄にしてしまうのは、肌にとってみればきっと、残念で仕方がないことでしょう。顔を洗った後は、タオルでゴシゴシなんてことは止めておいて、さっと水気がとれたら、化粧水をたっぷり、肌に吸わせて効果的なケアをおこないましょう。

三十路も半分まで来るとシミなるものが頬や手などに出現して、恐ろしい増殖ぶりです。

原因はわかっています。無防備な日焼けのせいです。


子どもが生まれ、少し大きくなってほとんど毎日、公園で遊んでいました。早く出かけたい子供は自分の準備が終わるともう待てません。

ぐずぐずしているとぐずりだして出かけられなくなってしまうことも。


とてもとても念のために日焼け止めを持つなんてできません。

ただ、シミのないお肌のためには、外出時の日焼け対策は必須です。ポケットに入れてでも持っていくことにします。毎年、梅雨と言えばカビを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。蒸し暑い時節になると、私達の肌にいる常在菌も当然、増えてしまいます。
真菌の中にマラセチア菌というものがありますが、この菌が引き起こすとされる「でん風」と呼ばれる皮膚の病気は、これは全身、どこにでもできる可能性があります。
でん風は、茶色くて、一瞬、シミかな?と思うものや、そこだけ色が抜けたように真っ白になってしまう場合もあります。違和感を感じるようなシミを見つけたら、皮膚科へ行き、医師に相談するといいですよ。



一度でも合わない化粧品をデリケートな肌の方が使うと、途端に肌が悲鳴をあげるので、困りますよね。特に警戒したいのがエタノール、つまりエチルアルコールです。ニキビ用の化粧品にはほとんど使用されているためすが、お肌にいじわるをして、もっと状態が悪くなるおそれがあります。皮膚科で処方されるとすれば良いでしょうが、市販の化粧品を購入される時はお気をつけちょうだい。
Copyright (C) 2014 スキンケアで美白OL All Rights Reserved.